映画『検察側の罪人』のネタバレと感想 松倉が犯人として疑われるようになった

2018年8月24日に全国公開された映画「検察側の罪人」のネタバレ、あらすじ、感想を書きたいと思います。
検察側の罪人のキャストには、キムタクや嵐の二宮和也が出演されています。

検察側の罪人のネタバレと感想 かつて4年前に新人研修で検事とは何たるかを語っていた最上とはまるで別人

 

 

今回はキムタクとニノのW主演で話題を呼んでいる「検察側の罪人」を観てきました!
平日の朝一番の時間帯だったにも関わらず、
席は8割程埋まっててびっくりでした\(^o^)/
てっきり嵐ファンの若い女性が多いのかなと思っていたんだけど、←完全なる偏見
実際は老若男女問わず様々な方が来られてました(*´ω`*)
特に目立ったのが老夫婦で、私も将来あんな風に夫婦で仲良く映画とか
観に来れたらいいなと思ったり…。←映画と関係ない
と、余談は置いといて、まずは本編の内容と感想を\(^o^)/

物語は4年前のシーンから始まる。
木村拓哉演じる検事の最上は新人研修で講習を行っていた。
そこで最上の話を聞いていたのが二宮和也演じる沖野だった。
最上は検事とはどういうものなのか、どうなってほしいのかを語っていた。
沖野は最上に憧れており、慕っていたから、
いよいよ一緒に仕事ができることを喜んでいた。

新人研修から4年経ち、沖野は最上と同じ職場に来ることになった\(^o^)/
最上は癖のある犯人を沖野に当て、沖野の実力を計っていた。
最上はどうやら沖野のことがお気に入りみたいだね(*´ω`*)
そんなこんなで沖野も癖のある犯人と頑張って接見していた。
最上からアドバイスをもらうたび嬉しそうな沖野。よっぽど憧れていたんだろう♪
そんなある日、東京である殺人事件が起こったー。
70代の老夫婦が包丁で刺されて死んでいたのだ!!!Σ(・□・;)
どうやら被害者はお金を貸していたらしく、
貸していた相手から恨まれていたのではという怨恨の疑いが浮上した。
そこで浮かび上がったのは、5人の容疑者ー。
だけど、最上はいきなりひとりに絞って捜査をし出した!!!それは松倉という男。
それに不信感を隠せない沖野。

なぜ最上がこれほどまでにひとりの松倉という男に執拗なまでに執着しているのかー。
それはもう20年以上も前にまで遡らなければならない。
まだ最上が学生だった頃の話。
最上にとてもなついていた”ユキ”という女の子がいた。
ユキは歌うのが好きでみんなでよく一緒に歌を歌っていた…。
ある日、ユキは松倉に無理やり暴行強姦され、
抵抗したユキは最終的に殺されてしまった。
だけど、当時松倉の犯行を証明できず、当時には殺人事件にも時効制度がまだあったため
結局時効になり、松倉は逮捕されることもなかった…。
その事件のことがずっと引っかかっている様子の最上(´;ω;`)
こんな悲しい過去があったなんて…。
だから松倉に異常なまでに執着していたんだね!!!
それでもし本当に今回の老夫婦殺人事件の犯人じゃなかったとしても、
松倉に犯人として逮捕されてほしいと言う曲がった正義感が働いてしまったんだ…。
過去の罪を償わせるために…。
そして最上と同じようにこの事件のことを知り、
松倉のことを恨んでいる管理官の田名部もまた松倉を犯人にしようとしていた…。

そんな最上たちの様子を見ていた沖野は、ただならぬ雰囲気を感じていた。
本当にこの捜査は正しいのかと思うと同時に、
自分が何か見落としているのかもしれないと思い悩んでいたー。
そしてそんな沖野の事務官として傍にいる吉高由里子演じる橘もまた
最上を不審に思っていた。
そもそも橘は過去にキャバクラの暴露本を執筆しており、
今回も検察内部の暴露本を執筆しようとしているのか、
編集者に最上を監視するように頼まれていたのだった。
そんなあるとき、捜査に進展があった\(^o^)/
ずっと否認していた松倉だったんだが、松倉の目撃情報が出たことにより
やはり松倉が犯人としてより強く疑われるようになった!!
そして自供を取るべく、沖野が最上の指示のもと、松倉を問い詰めた!!
だけど、やはり否認を続ける松倉。
相手を執拗に問い詰めて苛立たせろという最上の指示を受け、必死に攻め続ける沖野。
そしてついにその時が来たー。
すべての録画録音機器を止めるよう言ってきた松倉。
そして20年以上前のユキの事件の犯人が自分であったことを初めて認めた!!!!!
ケータイからその様子を聞いていた最上は崩れ落ちた…。
悔しい思いがより強くなる最上(;´・ω・)
結局田名部管理官も動き、業務上横領と言う別の罪で一旦松倉を逮捕することにした。
そして松倉の家に家宅捜索に入った最上たち。
そこで最上はあるレシートを見つけた!!!
どうやらそれは松倉が犯人ではないと裏付けてしまう証拠だったみたいで、
最上はこっそりポケットに隠した\(^o^)/
もはや隠ぺい行為だよ(;’∀’)
そこまで松倉を犯人にしたいという思いはよく伝わってくるけどね…。
そして松倉の取り調べを担当した沖野は最上の指示道理に罵声を浴びせたりして
精神的に追い詰めて、何としても自白を取ろうと頑張るんだけど、
「やってない」と否認を続ける松倉。
結局自白は取れず、沖野は疲れ果てていた…。

ある日、また捜査に思わぬ展開が\(^o^)/
それは弓岡という男。容疑者5人の中には挙がっていなかった男だ。
弓岡は酔った勢いで老夫婦殺人事件の詳細を語っていた。
犯人は夫を刺し、次に妻も刺して殺したんだけど、
包丁が折れてしまい、妻の身体に残った。
このことは警察しか知りえない情報なんだけど、弓岡は包丁が折れたことを話していた!
これはつまり弓岡が犯人だという決定的証拠だったΣ(・□・;)
弓岡が出てきてしまっては松倉を犯人にできないから都合が悪い最上は動いた!!!
最上がヤクザに電話して車とケータイを用意するよう頼んで、
ATMから大金を下ろしに行っているのを見た橘は慌てて沖野に連絡した!!
ヤクザと合流した最上は拳銃をすぐ用意するよう頼んだ…。
どうやら最上は弓岡を殺そうとしているみたい…。
だけど、拳銃を目の前にして怖気づく最上…やはり人間の良心はあるか…。
そして警察にマークされてる弓岡の元へ行き、
弓岡の味方だと言い弓岡をうまく連れ出したΣ(・□・;)
一度は殺すのをためらったんだけど(というか怖気づいたんだけど)、
話を聞いていると全く反省していない様子だったため、森林へ連れて行き、
ついに拳銃を構えた!!!
そして撃ったら、弓岡に当たったらしく、弓岡は狂ったように叫び出した!
恐くなった最上はその後銃を乱射し、完全に弓岡を殺してしまったΣ(・□・;)
そして穴を掘り、弓岡を埋めたー。

次の日、何食わぬ顔で出社した最上。
疑っている様子の沖野と橘。
だけど、最上に逆に橘が検察の暴露本を出そうとしているのではないかと言われ
橘は慌てて逃げ出してしまった!!
そして橘は退職した。
最上は全部知ってたのかΣ(・□・;)
そんな最上は弓岡が持っていた凶器の折れた包丁から指紋を消し、
それを松倉の指紋がついた新聞にくるんでヤクザに渡し河原へ置かせた…。
そして匿名の通報でこの包丁の存在が明らかになり、松倉の犯行と断定することに!!
だけど、その不自然な証拠の見つかり方に疑問を抱いた沖野は最上に問い詰める。
最上を止めるには検事を辞めるしかないと思った沖野は橘同様検事を辞めた。
そして気づけば沖野と橘は男女の関係にΣ(・□・;)
ここから沖野たちの新たな出発だね\(^o^)/

松倉の裁判で何としてでも冤罪にしないためにも沖野たちは松倉の弁護士の元へ行き、
できるかぎりのことをした\(^o^)/
自分たちが検察として担当していた時の情報もすべて公開して…。
こうして地道に頑張ってきたことにより、目撃者の証言も得られた!!
そして松倉は逮捕されずに済んだ!!!
でも本当にこれで良かったんだろうか…。
最上は何としてでも松倉を消そうとしているんだろうな…。
そう思っていたら、松倉は暴走者に引かれて死んだ。
これも最上と繋がっていたヤクザの仕業。
そんなこんなで弓岡も松倉も死に、事件は終わった。

20年以上前の被害者であるユキと最上が知り合いだったことにたどり着いた沖野と橘。
そしてすべての黒幕は最上だと知った沖野は、最上から呼び出されていた。
行くべきか悩んでいたが、橘の押しもあり、行くことに\(^o^)/
行って、殺されでもするのかと思いきや、最上は過去のことを含め、
自分の正義について語りだした。
その内容は、かつて4年前に新人研修で検事とは何たるかを語っていた最上とは
まるで別人のようだった。
あの頃に話した内容はもう忘れたと言う最上。
最上に憧れていた沖野は失望する。
そして最終的に、沖野が「うぉぉぉぉぉ!!!」と叫んで映画は終わった…。

これが映画のネタバレあらすじ\(^o^)/
最初は最上の正義感も分からなくはないなと思って観ていたんだけど、
沖野の正義感もまた良くて、なかなかに難しいテーマの映画だなって思った!!
最上も本当の極悪人ではなくて、拳銃を持ったら震えてしまうような、
そんな人間らしい一面もあったのは良かったかなと思う。
ただ、最後の終わり方はあまり腑に落ちなかったかなぁー。
最期どうなるのかなぁってめっちゃ気になってドキドキわくわくで観てたんだけど
沖野が「うぉぉぉぉぉ!!!」って叫んで終わるっていうwww
映画館でも周りの反応が「え!?」みたいな感じになってた(;’∀’)www
沖野が最上を捕まえて終わったりしたらおもしろかったのになぁ~笑
最上の正義感も大事だけど、結局道から外れたことをしてしまってるんだから、
そういう部分はきちんと正して終わってほしかった気もするな\(^o^)/
沖野も最上に憧れていたからこそ、ちゃんとした正義感を持ってもらうよう
もっと最上を追い詰めてほしかった気がする\(^o^)/
内容的には少しこんな感じで思うところがあったけど、キャストがとにかく豪華で
みなさんとにかく演技がうまいから、作品の世界観にはすぐ引き込まれた!!!
ただ、もうひとつ気になったところがあったとすれば、BGMかな!
なんかいきなりぷっつり切れたり、よく分からんタイミングでいきなり消えるから
すごく違和感があったwww
これも作品の世界観なのかな!?\(^o^)/笑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリジナル・サウンドトラック 検察側の罪人 [ 富貴晴美 土屋玲子 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/9/5時点)

 

今話題のプーさんの実写版映画、「プーと大人になった僕」を観てきました\(^o^)/ 平日だったにも関わらずなかなかに満員御礼でした(*´ω`*...
2018年8月19日放送の映画「君の膵臓たべたい(キミスイ)」のネタバレ、あらすじ、感想を書きたいと思います。 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい...

 

関連記事

関連記事がありません。