映画『プーと大人になった僕』のネタバレと感想 タイムスリップ的なことが起きた

今話題のプーさんの実写版映画、「プーと大人になった僕」を観てきました\(^o^)/
平日だったにも関わらずなかなかに満員御礼でした(*´ω`*)
私はディズニー、特にプーさんをこよなく愛していたからとにかく楽しみで!!
グッズだけなくなったら嫌で公開開始日に買いに行ったんだけど、
今日見たらもうほとんどなくなっててびっくり!!!Σ(・□・;)
さすがプーさん人気者だ!!!
買っといて良かったぁ~www
ちなみにほぼ全部買いましたw←聞いてない

さて、ネタバレ本編を。

物語は100エーカーの森から始まる\(^o^)/
プーさんと100エーカーの森の仲間たちとクリストファーロビンは
100エーカーの森で楽しく暮らしていた(*´ω`*)
ある日、クリストファーロビンが大人になり100エーカーの森を去るということで
お別れ会が開かれていた…。
100エーカーの森の仲間たちはパーティーに喜び浮かれていたんだけど、
プーさんだけはどこか違う様子だった…(´;ω;`)
なんか寂しそうだなぁ(´;ω;`)
クリストファーロビンと一番のお友達だったもんね…。
そしてクリストファーロビンはそんなプーさんを呼び出して、
いつもの橋の上にやってきた\(^o^)/
そこで、クリストファーロビンはプーさんとお話をする。
「”何もしない“をしよう」と。
この話は深いなぁ…。
大人になると仕事や色んなことをしないといけなくなって、
大切なものを見失ってしまいそうなんだけど、
そんなときにこの言葉を思い出したくなるなぁ\(^o^)/
そんな話をしてプーさんと100エーカーの森とさよならをしたクリストファーロビン。

月日が流れ・・・

月日は経ち、クリストファーロビンは100エーカーの森との思い出にさよならをし、
寄宿学校に通ったり、結婚をしたり、戦争に行ったり…
さまざまな人生を歩んできた…。
そして現在、ウインスロウカバンというかばん屋さんで
一生懸命働いているクリストファーロビン。
ここは旅行カバンなどを売っているんだけど、
近年この旅行カバンの売り上げが落ちていて、
会社の経営もなかなかに危ない状況みたい…。
そこで経営者の息子からクリストファーロビンが呼び出され、策を考えるよう言われた。
今週末に会議をするからそれまでに考えておくようにと言われたんだけど、
その日は妻子を連れてクリストファーロビンの幼少時代に過ごした
コテージに行く予定があった。
だけど、それを告げると
「会社のために何でもすると言っていたではないか。」や、
「泳がされるか沈むかのどちらかだ。君はどっちを選ぶんだ。」と迫られ、
仕方なく仕事を選ぶことにしたクリストファーロビン。
家に帰り、奥さんに早速その話をするとひどくがっかりされた。
そもそもコテージに行こうという話が出ていたのは娘のマドリンのためだったからだ。
マドリンはクリストファーロビンと同じく寄宿学校に通い勉強ばかり頑張ってしていた。
そんなマドリンと遊ぼうとコテージに行く予定をしていたのに、
当のクリストファーロビンが行かないなんて言い出す…。
それが許せなかったんだろうね…。奥さんはひどく怒っている様子だった…。
そして今度はマドリンに直接週末行けないという話をしようと
マドリンの部屋に行ったクリストファーロビン。
マドリンはその事実を聞かされ、かなり落ち込んだ様子だった…。
そりゃそうだよね…家族みんなで過ごすはずだったのにね…。
そこで今寝る前に本を読んでと頼むマドリン。
だけど、マドリンが読んでほしかった楽しい冒険の本ではなく
勉強の本を読みだしたクリストファーロビンに、やっぱりもういいと言うマドリン。
このあたりがクリストファーロビンがマドリンの、
子どもの気持ちを分かってあげられていないところだな(;´・ω・)
こうして週末、クリストファーロビンは奥さんとマドリンを送り出し、
せっせと仕事にとりかかろうとする。
隣の家の人からやたらトランプゲームをして遊ぼうと誘われるのを
なんとか交わしながらwww

プーさんの仲間が行方不明

一方の100エーカーの森ではプーさん以外の森の仲間たちが行方不明になっていた!!!
プーさんはひとりぼっちになってしまい、こんなときどうすればと考え、
かつてクリストファーロビンの家だった木のところへ行った。
「こんなときはいつもクリストファーロビンが何とかしてくれた」そう思ったプーさん。クリストファーロビンが「おいでプー」と呼んでいるような気がしたプーさんは
思い切って木の中に入って行った\(^o^)/
プーさんは勇敢だなぁ\(^o^)/
すると、そこは現在のクリストファーロビンの家があるところに繋がっていた!!!
つまりタイムスリップ的なことが起きたみたい\(^o^)/
クリストファーロビンを探そうとするも、
眠くなったプーさんはベンチの上でお昼寝をすることに…。
この安定のプーさんのマイペース感がたまらん(n*´ω`*n)♡
と、その反対側のベンチにクリストファーロビンが来た!!!
そしてここでプーさんとクリストファーロビンの久々の再会\(^o^)/\(^o^)/
クリストファーロビンは大人になり随分と風貌も変わったのに、
プーさんは一発でクリストファーロビンだと言った\(^o^)/ふたりの絆スゴイ!!
クリストファーロビンは「ここにプーがいるはずない」と驚くんだけど、
そのプーさんの姿に受け入れざるを得なかった!!
そしてしゃべるテディベアがいたらおかしいということで、
早急に家に連れて帰ったクリストファーロビン。
そして昔のようにはちみつを振舞った\(^o^)/
だけど、クリストファーロビンにはゆっくりしている暇がなく、
とにかく早く仕事に取り掛かりたいと思う。
でもまずはプーさんを100エーカーの森へ帰してあげないと始まらないと思い、
コテージのある方へ向かうことにした。
ロンドンはとにかく人が多く、プーさんにはびっくりするような街だった。
そして普通に会話してくるプーさんに、少し黙るよう言うクリストファーロビンだけど、
もうすでに周りから見られていて気味悪がられてしまう始末www

ひとりでゲームを始めるプーさん

向かっている途中で風船を売っているのを見つけたプーさんは欲しいとおねだり。
優しいクリストファーロビンは赤い風船をひとつ買ってあげて渡した\(^o^)/
プーさんと言えばやっぱりはちみつと風船だもんね(*´ω`*)♪
こうして汽車に乗り、コテージへ向かったふたり\(^o^)/
道中、一生懸命仕事をしているクリストファーロビンをよそに、
”窓の外に見えたものを言うゲーム”をひとりで始めたプーさん。
プーさん可愛すぎか!!!
だけど、気が散るクリストファーロビンは再びプーさんに黙るよう言う。
そんなこんなで無事にコテージに着いたクリストファーロビンとプーさん(*´ω`*)
妻子に見つからないようにこっそり森へ行くクリストファーロビンに、
なぜ見つかってはいけないのかと質問するプーさん。
プーさんってのんびりしてるけど、結構いいところをいつも付くんだよね!!

大人になって・・・

そして森へ入り、コンパスを見ながら進むことにしたんだけど、
コンパスを見たがるプーさんに渡し北へ進むよう指示したクリストファーロビン。
だけど、同じところをぐるぐるぐるぐるしている…。
すると、プーさんは北を指す方向にはズオウとヒイタチがいるから避けてたと言う。
(ズオウとヒイタチはプーさんたちが恐れるモンスター)
だけど、大人になったクリストファーロビンはそんなものいるはずがないとキレた!
そして仕事の話になり、
「同僚を経費削減のために切ろう(お別れしよう)と思ってる」と話すと、
「その人は友達じゃないの!?」と聞いてくるプーさん。
さらに「僕は君の友達じゃないの!?」と聞いてくるプーさんに、
「友達じゃないかもな」なんてクリストファーロビンらしくない発言。
それを聞いたプーさんはとても落ち込んだ様子で消えてしまった…Σ(・□・;)
そこからプーさんを必死に探すクリストファーロビンだけど見つからない!!!
クリストファーロビンは色んな感情で入り混じる…。
その感情に合わせたかのように雨も降ってきた。
果たしてどうするのが正解なんだろうか!?!?
そして気づけば雨が上がり、プーさんを探していると、川に浮かぶイーヨーを見つけた!
イーヨーを助け、どんぐりの跡をつけるとピグレットも見つけた!!!
さらにその奥には潰れたオウルの家があり、そこに縮こまっている他の仲間たちの、
ティガー、ラビット、カンガ、ルーがいた\(^o^)/
だけど、彼らは誰一人としてクリストファーロビンだとは信じなかった…。
プーさんは一発で分かってくれたのにね!!
本当にクリストファーロビンならズオウたちを倒してよという仲間たちに、
昔遊んでいた闘いごっこをし始めて見せつけたクリストファーロビン\(^o^)/
すると、みんながようやくクリストファーロビンだと信じてくれた(*´ω`*)
そしてプーさんを探しているという話をし、みんなでプーさんを探して見つけた!!
プーさんに「悪かったよ」と謝るクリストファーロビン。
そして気づけばお昼寝してしまい、次の日になってしまっていたΣ(・□・;)
慌てて会社へ行こうとするクリストファーロビン。
バタバタのさよなら…。

プーと大人になった僕の最後の結末

だけど、クリストファーロビンの大事な書類はまだ100エーカーの森にあった(;´・ω・)
ティガーが(気を利かせて!?)書類よりもっと大切なものをカバンに入れといたらしいw
これはまずいとプーさんたちはクリストファーロビンの跡を追おうとする。
そんななか、ひとりで遊んでいたマドリンと遭遇\(^o^)/
最初は驚いたマドリンだけど、すぐプーさんたちと打ち解け、
クリストファーロビンの会社へ向かうことに!!
だけど、その道のりは決して簡単ではなくトラブルが続いた…。
でも最終的にはクリストファーロビンに会うことができた\(^o^)/
でも最後の最後にマドリンが転んでしまい、書類たちがすべて飛んで行ってしまった…
そのことを謝るマドリンに、「書類なんてどうでもいいマドリンが無事なら」と話す
クリストファーロビン…。
マドリンは子ども心に少しでもクリストファーロビンの役に立ちたかったと話し、
「すべて僕が間違っていたんだ」と話すクリストファーロビン。
そう、仕事ばかりで家族や周りが見えていなかったことに。
マドリンが唯一持っていた書類の切れ端にはトライアングルの図が描かれていた。
それを見て思い付いたクリストファーロビンはみんなを連れて急いで会社へ!!!
そして新しい案として有給休暇を社員に与え、
みんながもっと旅行に行ける環境を作ることこそが
旅行カバンの売り上げに繋がると話した\(^o^)/
その案が受け入れられたクリストファーロビンは会社を辞めずに済み、
そしてマドリンや奥さんとの時間もちゃんと作れるようになり、
みんながHAPPYになれた♡
こうして物語は終わった…。

プーと大人になった僕の感想とあとがき

とにかくおもしろくてあっという間の2時間でした(*´ω`*)
プーさんがとにかく大好きな私だから、ほんとにあっという間だった\(^o^)/w
うごくリアルなプーさんたちがとにかく可愛いし、
物語も、大人になって忘れてしまった大切な気持ちを思い出させてもらった気がして
ほっこりして温かい気持ちで帰ることができた(n*´ω`*n)♡
2018年9月20日の時点の今映画ランキング1位らしいけど、これは是非色んな人に観てもらいたい!!!
私ももう一回ぐらい観に行きたいな\(^o^)/笑
そしてアニメも観たくなったから家で観よう…笑
ひとりでも、家族と、友達と、恋人とでも楽しめる、そんな映画です(*´ω`*)♪

2018年8月24日に全国公開された映画「検察側の罪人」のネタバレ、あらすじ、感想を書きたいと思います。 検察側の罪人のキャストには、キムタク...
2018年8月19日放送の映画「君の膵臓たべたい(キミスイ)」のネタバレ、あらすじ、感想を書きたいと思います。 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい...

関連記事

関連記事がありません。